芋焼酎

芋焼酎の関連情報: 江戸時代から九州地方で作られている独特の臭みが特徴の芋焼酎について

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
焼酎ブームが続いていますが、その中でも本格焼酎が人気を博しています。従来の一升瓶に入った焼酎ではなく、入れ物のボトルも非常にデザインに凝ったものが発売されていて焼酎人気に拍車をかけているようです。若者や女性の方もおしゃれなボトルに惹きつけられているのでしょうか。 意外でしょうが、芋焼酎は当初からサツマイモで造っていたわけではなかったようです。以前は米や麦、粟やキビなどを原料としていた経緯があったのです。特に米は年貢米としてお上に謙譲しなければならなかったために、とても貴重なものであったそうです。 今のようなブームになるには、陰の努力がありました。あの独特な匂いを緩和させる研究が続けられていました。研究者は改良に改良を重ねて、蒸留方法や、貯蔵方法などに工夫を凝らすことによって原材料のコガネセンガンの甘い香りがかすかに残る、フルーティな芋焼酎を開発することに成功したのです。 ブランドにまでなった森伊蔵などのプレミアムが付いた芋焼酎は1.8Lで4万円~5万円ほどしますが、売れ筋の赤兎馬などは、3千円位で売られています。旨いと感じる本格芋焼酎の相場としては、1.8L入りで2千円から4千円ぐらいとなっているようです。


スポンサーサイト

テーマ:お酒の豆知識 - ジャンル:グルメ

このページのトップへ
  • 芋焼酎 霧島
  • 「芋」と付くくらいですから、当然、芋焼酎の原材料となるものは、さつまいもです。その中でも一番多く使用されているのが、「黄金千貫」(コガネセンガン)という品種です。コガネセンガンは度重なる品種改良の甲斐あって、でんぷん質を多く含むさつまいもが誕生し、鹿児島で本格的に生産が始まりました。 原材料であるサツマイモをつくり、芋焼酎を生産している鹿児島県の人たちは当然のように昔から芋焼酎を愛飲しています。そして独特の香りと味を良しとしてきました。地元の人にとってはあの独特の匂いがなければ芋焼酎ではないと言い切る人も多いようです。 今のようなブームになるには、陰の努力がありました。あの独特な匂いを緩和させる研究が続けられていました。研究者は改良に改良を重ねて、蒸留方法や、貯蔵方法などに工夫を凝らすことによって原材料のコガネセンガンの甘い香りがかすかに残る、フルーティな芋焼酎を開発することに成功したのです。 原材料であるコガネセンガンが研究開発されたことによって、芋焼酎は、広く世間に流通するようになりましたが、何と言ってもコガネセンガンは、食べても甘くておいしく、蒸すと甘い香りがそこはかとなく漂いますから、芋焼酎にするとフルーティーな味と香りが楽しめます。


    テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

    このページのトップへ
  • 芋焼酎 赤兎馬
  • 芋焼酎発祥の地といえば、もちろん鹿児島県です。現在、鹿児島県に存在している焼酎製造元は約百件ほどあるといわれていて、その製造元のほとんどが芋焼酎を造っています。なにしろ、原材料であるサツマイモのコガネセンガンを栽培している土地柄ですから、納得できます。 原材料であるサツマイモをつくり、芋焼酎を生産している鹿児島県の人たちは当然のように昔から芋焼酎を愛飲しています。そして独特の香りと味を良しとしてきました。地元の人にとってはあの独特の匂いがなければ芋焼酎ではないと言い切る人も多いようです。 人気の芋焼酎ナンバー1は、やはり森伊蔵、続いて魔王・伊佐美・佐藤黒麹・村尾でしょう。他の人気ランキングを見ると、赤兎馬(せきとば)・黒麹原酒36度・極の黒芋焼酎25度・芋焼酎霧島ゴールドラベルなどが上位を占めています。 最新の製造方法で作られた芋焼酎は、従来の芋焼酎と違い、しっかりとした香りを持ち、麹に芋麹を使用することにより米麹由来の脂肪酸を特徴とする香りが無く、芋由来のテルペンを特徴とする香りが高くなっています。すっきりとした味わいと飲みやすい酒質の焼酎になっています。


    テーマ:美味しい焼酎 - ジャンル:グルメ

    このページのトップへ
    幻の芋焼酎 森伊蔵 芋焼酎は江戸時代から南九州で広く栽培されているサツマイモを原料とした焼酎です。味は濃厚で、しばしば独特の臭みがあるため、好き嫌いが分かれますが、最近は匂いを抑えたものも作られています。鹿児島で生産される薩摩焼酎は協定により、原産地としての保護産地指定を受けています。 原材料であるサツマイモをつくり、芋焼酎を生産している鹿児島県の人たちは当然のように昔から芋焼酎を愛飲しています。そして独特の香りと味を良しとしてきました。地元の人にとってはあの独特の匂いがなければ芋焼酎ではないと言い切る人も多いようです。 人気の芋焼酎ナンバー1は、やはり森伊蔵、続いて魔王・伊佐美・佐藤黒麹・村尾でしょう。他の人気ランキングを見ると、赤兎馬(せきとば)・黒麹原酒36度・極の黒芋焼酎25度・芋焼酎霧島ゴールドラベルなどが上位を占めています。 原材料であるコガネセンガンが研究開発されたことによって、芋焼酎は、広く世間に流通するようになりましたが、何と言ってもコガネセンガンは、食べても甘くておいしく、蒸すと甘い香りがそこはかとなく漂いますから、芋焼酎にするとフルーティーな味と香りが楽しめます。


    テーマ: - ジャンル:グルメ

    このページのトップへ

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。