芋焼酎

芋焼酎の関連情報: 江戸時代から九州地方で作られている独特の臭みが特徴の芋焼酎について

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
芋焼酎はよく聞きますが、焼き芋焼酎なんてあるの?と思った方も多いのではないでしょうか。あるんです。味はまさに焼き芋。そして人気が出たというか一般に広まったのはタレントの志村けんさんがブログでいつも飲んでいるといって焼き芋焼酎を話題にしていたり、テレビ番組の収録飲んだりしているからです。志村けんさんがいつも飲んでいるのは鹿児島の焼き芋焼酎「大地」です。この焼酎、俳優の杉良太郎さんがプロデュースして代表になっている会社鹿児島大地が製造販売しています。25度のものと、原酒は37度のものがあります。芋焼酎はさつまいもを蒸して作っていますが、焼き芋焼酎は焼き芋にして使います。味と香りに甘みがプラスされるのが特徴です。ほかにも焼き芋焼酎の銘柄はたくさんあります。鹿児島の田崎酒造の「鬼火」も有名です。名産の紫芋を炭火でじっくり焼いた焼き芋を使った「農家の嫁」も逸品です。芋焼酎といえば鹿児島など九州が有名ですが、四国の徳島県は鳴門金時芋が有名で、この芋を焼き芋にして作った焼酎「鳴門金時 石焼芋焼酎」があります。芋焼酎はお手ごろ価格のものが多いので、焼酎が好きな人もそうでない人もぜひこの焼き芋焼酎も飲んでみてくださいね。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。