芋焼酎

芋焼酎の関連情報: 江戸時代から九州地方で作られている独特の臭みが特徴の芋焼酎について

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
お酒はどんな種類のものでもすべて作り方の原理は同じです。米、芋、麦などのでんぷんのものに麹菌や麦芽などの糖化酵素は糖分を含む液体なので、酵母菌を加えて発酵させるとアルコールになります。もともと糖分を多く含んでいるぶどうのジュースなどはそのままワインの材料になりますが、米や麦は糖分がないので原料のでんぷん質を頭に分解します。このとき使う糖化酵素が麹菌のものは日本酒、焼酎で麦芽はビールやウイスキーを作るときに使われています。お酒は酒税法によって10種類に分類されています。この分類は酒税のために区別されています。大きく醸造酒、蒸留酒、混成酒に分類できます。ワイン、ビール、日本酒は醸造酒、焼酎なかむらなどの焼酎、ウイスキー、ブランデーはスピリッツ(蒸留酒)の仲間です。混成酒は蒸留酒に薬草や果実などを加えて作ったものでリキュールなどがあります。焼酎なかむらのような焼酎の魅力はいろいろな種類があり、新商品が多く作られているという点です。原料も芋、麦、米など多くのものから作られ、製法のちょっとした違いによってその味はかなり違います。ちょっとした知識があれば焼酎なかむらやいろいろな焼酎の違いを楽しむことができます。また、焼酎は値段が手ごろなのもとても魅力的です。


スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。