芋焼酎

芋焼酎の関連情報: 江戸時代から九州地方で作られている独特の臭みが特徴の芋焼酎について

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
焼酎なかむらは本格焼酎です。原材料は芋。芋焼酎といってもいろいろな種類の芋類が使われています。もっとも有名なのがコガネセンガンです。焼酎なかむらは芋焼酎です。芋の種類はサツマイモが一番多く、焼酎なかむらも現在料はサツマイモです。ですからサツマイモを作っている九州地方の鹿児島県、宮崎県が焼酎でも有名なのです。焼酎作りに適したサツマイモとして開発されたのがコガネセンガンです。1966年から登場しました。そのほかにジョイホワイトもあります。この2つは食用のサツマイモのように皮は紅くなく、白いサツマイモです。コガネセンガンはもちろん食用としても幅広く使われているのですが、ジョイホワイトは焼酎用に開発された芋です。芋焼酎はでんぷん質がとても多くて独特の甘い香りとくせのある風味が特徴でとても人気があります。ただ、くせのある風味があるため、一時期は飲みやすい米焼酎や麦焼酎のほうが人気があったこともありました。でも本格焼酎もより本物に近いものが人気が出るようになり、芋焼酎も見直されるようになって人気が高まりました。芋焼酎は特に新しいものがおいしいといわれていて、収穫期である夏の8月に収穫したら一気に焼酎に仕上げます。ですから10月頃に店頭に新酒として店に並ぶようになります。焼酎なかむらも10月ごろには新しいものが購入できるでしょう。


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。