芋焼酎

芋焼酎の関連情報: 江戸時代から九州地方で作られている独特の臭みが特徴の芋焼酎について

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
焼酎なかむらは本格焼酎です。原材料は芋。芋焼酎といってもいろいろな種類の芋類が使われています。もっとも有名なのがコガネセンガンです。焼酎なかむらは芋焼酎です。芋の種類はサツマイモが一番多く、焼酎なかむらも現在料はサツマイモです。ですからサツマイモを作っている九州地方の鹿児島県、宮崎県が焼酎でも有名なのです。焼酎作りに適したサツマイモとして開発されたのがコガネセンガンです。1966年から登場しました。そのほかにジョイホワイトもあります。この2つは食用のサツマイモのように皮は紅くなく、白いサツマイモです。コガネセンガンはもちろん食用としても幅広く使われているのですが、ジョイホワイトは焼酎用に開発された芋です。芋焼酎はでんぷん質がとても多くて独特の甘い香りとくせのある風味が特徴でとても人気があります。ただ、くせのある風味があるため、一時期は飲みやすい米焼酎や麦焼酎のほうが人気があったこともありました。でも本格焼酎もより本物に近いものが人気が出るようになり、芋焼酎も見直されるようになって人気が高まりました。芋焼酎は特に新しいものがおいしいといわれていて、収穫期である夏の8月に収穫したら一気に焼酎に仕上げます。ですから10月頃に店頭に新酒として店に並ぶようになります。焼酎なかむらも10月ごろには新しいものが購入できるでしょう。


このページのトップへ
焼酎なかむらの製造所として有名な中村酒造場は芋焼酎の本場鹿児島県にあります。場所は鹿児島県の内海、錦江湾の「へそ」の部分に当たる霧島市です。 霧島市は2005年11月に国分市、霧島町、溝辺町、横川町、牧園町、隼人町、福山町の1市6町が合併して誕生した市です。人口は約13万人です。霧島市は鹿児島空港にも近く、多くの商業施設が建設され、鹿児島県第2の都市といわれています。日本全国の地方都市では若年層が大阪や東京といった大都市に出て行ってしまって高年齢化しているのですが、ここ霧島市では人口が増加し、若い人が多いことから「元気都市」と呼ばれています。温暖な土地で、年間平均気温は約18度。日本百名山の霧島山があり、火山灰の蓄積したシラス台地があります。そんな土地で誕生した中村酒造所の蔵は昔ながらのレンガ造りです。すべての工程を熟練した職人さんの手で行っている典型的な鹿児島の小さな蔵です。そんな伝統的な蔵から作り出された焼酎なかむらは幻の焼酎ともいわれ、全国的に知られています。明治21年に創業し、最初は「玉露」という地元でもよく飲まれている焼酎からスタートしました。その後、幻の焼酎とよばれるなかむらの製造に成功したのです。


このページのトップへ
焼酎なかむらは本格焼酎です。原材料は芋。芋焼酎といってもいろいろな種類の芋類が使われています。もっとも有名なのがコガネセンガンです。焼酎なかむらは芋焼酎です。芋の種類はサツマイモが一番多く、焼酎なかむらも現在料はサツマイモです。ですからサツマイモを作っている九州地方の鹿児島県、宮崎県が焼酎でも有名なのです。焼酎作りに適したサツマイモとして開発されたのがコガネセンガンです。1966年から登場しました。そのほかにジョイホワイトもあります。この2つは食用のサツマイモのように皮は紅くなく、白いサツマイモです。コガネセンガンはもちろん食用としても幅広く使われているのですが、ジョイホワイトは焼酎用に開発された芋です。芋焼酎はでんぷん質がとても多くて独特の甘い香りとくせのある風味が特徴でとても人気があります。ただ、くせのある風味があるため、一時期は飲みやすい米焼酎や麦焼酎のほうが人気があったこともありました。でも本格焼酎もより本物に近いものが人気が出るようになり、芋焼酎も見直されるようになって人気が高まりました。芋焼酎は特に新しいものがおいしいといわれていて、収穫期である夏の8月に収穫したら一気に焼酎に仕上げます。ですから10月頃に店頭に新酒として店に並ぶようになります。焼酎なかむらも10月ごろには新しいものが購入できるでしょう。


このページのトップへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。